ハイドロキノン トレチノイン 通販

ハイドロキノンとトレチノインを通販購入|おすすめクリームは?

美白で綺麗な肌のイメージ
クリーム

美白成分として有名なハイドロキノン。クリニックでもシミ治療のために利用されますが、通販で購入が可能なことから、自宅でシミを消すため利用する人が増えています。このハイドロキノンと合わせてよく使われるのが、肌のターンオーバー(表皮の新陳代謝)を促し、肌の内側からシミを排出させる働きのあるトレチノインです。この2つはシミに効果的なクリームですが、刺激が強いので、使い方には注意が必要です。ハイドロキノンクリーム、トレチノインクリームの使い方やおすすめの通販商品を紹介します。正しい使い方を理解して、シミのない肌を目指しましょう。

美白に効くおすすめのハイドロキノン一覧

商品 BIHAKUEN ハイドロキノンクリーム&トレチノインクリーム 透肌美活 ハイドロキノンクリーム&美容液 ユークロマ ハイドロキノンクリーム
濃度 4% 4% 4%
金額目安 2,530円〜 2,160円〜 1,241円〜
特徴 トレチノインとセットでも購入できます。BIHAKUENは、トラネキサム酸などの商品も扱っている美白化粧品に強いメーカーさんです。返品保証もあります。 ハイドロキノンは、ビタミンC配合の美容液と併用すると効果的です。ビタミンC(誘導体含む)よりも浸透力があるピュアビタミンC配合の美容液がついています。 美容液がある人は、単品で安く購入できるユークローマは使い勝手が良いですね。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンクリームのイメージ

ハイドロキノンは、美白目的で使用される肌の漂白剤と呼ばれている天然成分です。メラニン色素の生産を抑えると共に、メラニン色素をつくる細胞自体も減らします。その為、その効果としてはプラセンタなどの美白成分に比べると、約10~100倍の効果があるといわれているのです。

また、ハイドロキノンと合わせてよく使用されるのがトレチノインと言う成分です。これは、シミ・しわ・ニキビにとっても効果的な成分で、市販の化粧品にも含まれています。トレチノインだけならニキビの改善などに効果がありますが、ハイドロキノンとトレチノインを併用すると美白に対する効果がより高くなります。

ハイドロキノンの効果は予防だけでなく発生しているシミにも効く?

美白効果のイメージ画像

ハイドロキノンの還元作用

ハイドロキノンには、還元作用という酸化を抑える働きがあるために、昔から写真の現像やゴムの酸化防止剤などで使われてきました。日本ではまだ日が浅いですが、このハイドロキノンの還元作用で得られる強力な効果から、海外では昔からシミの治療薬として使用されてます。

シミができる仕組みとハイドロキノンの効果

シミができる仕組みは、まずは表皮細胞に紫外線が当ることで生まれる活性酸素が、メラニン色素を作るよう、メラノサイトへ指令を出します。その指令を受けることでチロシナーゼという酵素がメラノサイトで働いて、チロシンを酸化させメラニン色素を生成するのです。そして過剰に生成されたメラニン色素が肌に沈着することによりシミになってしまいます。このサイクルを絶ち切らないとシミは増えていくことになります

ハイドロキノンには、メラニン色素を作ってしまう酸化酵素チロジナーゼの働きを抑える効果と、肌に沈着したメラニン色素にまで働きかける効果が期待できます。つまり単にシミ予防だけではなくて、すでにできてしまったシミに対しても効果が期待できるという特徴を持っています。

☆おすすめ☆BIHAKUENハイドロキノンクリーム&トレチノインクリーム

ハイドロキノンの効果を実感できるシミの種類は?

単に予防だけでなくて既にできているシミのケアに有効と言われるハイドロキノンですが、どのようなシミにも効果があるのでしょうか?ハイドロキノンは、肌の表面にできてしまったシミに効果があるもので、皮膚の奥深くにまで進行したものに対して期待することは難しいです。では、その条件に該当するシミはどんな種類なのでしょうか?

ハイドロキノンが効果的なシミの種類

ハイドロキノンが効果的なシミの種類はこちら。

日光黒子(老人性色素斑)
紫外線が原因で30代から増えてくるシミ
肝斑
女性ホルモンの影響できる褐色のシミ
雀卵斑
一般的にソバカスと呼ばれているもの
炎症後色素沈着
ニキビ痕や虫さされ・ムダ毛処理後の黒ずみ

一般的にシミというと紫外線が原因で発生する日光黒子と考えられていて、頬骨にできやすい数ミリから数十ミリの丸い色素斑のことを指すことが多いようです。ハイドロキノンは、輪郭がうっすらとした表面にざらつきがない初期段階の日光黒子について、効果を発揮します。それから輪郭がはっきりしてきたものについては、完全に消すということは難しくなってきますが、薄くすることは可能です。ただし、シミが発生して何年も経過してしまった場合やざらついてしまったものに対しては、残念ながら改善は厳しいかもしれません。いくら最強の美白成分といわれる存在であっても限界があるので、ハイドロキノンの効果を実感するためにも早い段階で対処することが肝心ですね。シミの兆候を見つけたら翌年に持ち越すことを避けて、その年のうちにしっかりとケアしましょう。

また、肝斑は単に紫外線や老化などの影響だけではなく、そばかすも遺伝的な要因によって引き起こされるので、原因により効果が期待できない可能性もあります。しかし、肝斑にしてもそばかすにしても紫外線の影響で濃くなる性質があるので、ハイドロキノンを使用することで薄くする効果は期待できそうです。

ハイドロキノンは白斑ができてしまうって本当?

ハイドロキノンは白斑ができてしまうって本当?のイメージ

白斑とは、メラノサイトが減ることで皮膚の色が部分的に白くなってしまう病気のことを言います。強力なメラニン抑制効果のあるハイドロキノンは、肌の漂白剤とも言われていて美白の特効薬として注目されています。そのためか、副作用として肌の色が部分的に白く抜けてしまう白斑になるといった話しも聞かれることがあります。ただし、これはあくまで可能性の話であって、現段階では明確にハイドロキノンが原因と分かっている事例は確認されていません。また、白斑が発生する原因は明確になっておらず、ストレス・自己免疫異常・化粧品に含まれる成分などが原因と考えられています。

心配になるのであれば、使用するハイドロキノンクリームの濃度に気をつけてください。濃度が5%未満、不安であれば3%以下という化粧品を使用するとよいでしょう。この程度の濃度であっても効果を発揮することができるので、濃度の表記を確認して購入することが大切です。また、使用方法についてもしっかりと確認することが大切で、肌全体に塗るタイプとシミにだけ塗るタイプがあることを知っておくと良いですね。

ハイドロキノンの濃度の違いによる効果とは?

ハイドロキノンは、濃度や塗布量によって効果に違いがあるのですが、それと共にかゆみなど刺激性皮ふ炎を生じやすくなるといった副作用もあります。そのような肌トラブルを回避するためにも、購入前・使用前に濃度に関する知識を理解しておきましょう。

濃度が1~3%

濃度が1~3%程度なら肌に対する刺激が少なく、ある程度の期間をかければ薄くなる効果が期待できます。紫外線の多い夏場に受けたダメージを、秋から春にかけてゆっくりとケアしたい人や、敏感肌で肌の弱い人にはおすすめです。

濃度が4%や5%

皮膚科クリニックでは、4%や5%のハイドロキノンを処方されることが多いようです。即効性はありますが刺激が多少強いので、通販で購入して使用する時は必ずパッチテストを実施して確認した上で使用しましょう。

濃度が5%以上

ハイドロキノンの濃度が5%以上となるとかなり作用も強いので、個人で使用しないようが良いでしょう。

ハイドロキノンを使う前に用意するもの

ハイドロキノンはその効果を発揮するためにも、必要なものを用意しておきましょう。

美容液
化粧水を用意しておきましょう。化粧水と乳液を両方使用しても構いません。ハイドロキノンを塗る前に肌を整えるために使用します。特にトレチノインクリームを使用しない場合は、浸透力を高めるため、ビタミンC誘導体の美容液を用意しておくとより効果が実感できます。
トレチノインクリーム
ハイドロキノンと併用すると、より効果が発揮できます。シミをしっかり治したい人はオススメです。もちろんなくてもOKです。
日焼け止め
日に当たるところに使用する場合は、必須です。日焼けしてしまうと折角の効果が台無しなので必ず用意しておきましょう。
絆創膏
パッチテストで利用します。また、ハイドロキノン治療の場合でも利用する人もいますが、シミの大きさや、顔になかなか貼って生活できないこともあるので、日焼け止めをしっかり塗って対策するのが無難でしょう。
綿棒
シミの範囲が狭かったり、乳首などに使用する人は、綿棒があるとはみ出さず塗れます。

揃えるのが面倒な人は、美容クリーム付きのセットもあります。徹底的にやりたい人は、セット購入する人が多いようです。

☆美容クリーム付き☆BIHAKUENハイドロキノンクリーム&トレチノインクリーム

トレチノインについて

ターンオーバーで肌がよみがえるイメージ

トレチノインは肌のターンオーバー(表皮の新陳代謝)を促進する働きがあって、ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制する作用があります。この2つの成分を併用することにより、ターンオーバーで肌の奥のメラニン色素を排出すると共に、メラニンの生成を抑制するといった相乗効果が生まれるのです。

トレチノインとは

トレチノインは、ビタミンA(レチノール)の誘導体です。これを肌に塗ると、肌の角質を剥がし、皮脂の分泌を抑え、肌の内側でコラーゲンを増やしてくれます。ちなみに、ビタミンAと比較して約50~300倍の活性力があると言われていて、高い生理活性をもった物質なのです。人間の血液中にも微量に含まれている物質なので、アレルギー反応や抗原抗体反応などのリスクも少ないと考えられています。

トレチノインの効果

トレチノインは、表皮を厚くする作用があります。人間の表皮は年齢を重ねると共に薄くなってしまうもので、この作用はとても魅力的です。実は、トレチノインには細胞内の核内受容体に作用して、表皮角化細胞の増殖を促進する作用があるのです。このように表皮は厚くする作用があることから、トレチノインがアンチエイジングで広く使用されているのですね。また肌のターンオーバーを促して古くなった表皮角化細胞を新しくする作用もあって、その結果肌の透明感と張りを作ります。それからトレチノインには、表皮部分におけるヒアルロン酸合成を促進して、真皮におけるコラーゲンの合成を促す作用もあるのです。こうした様々な作用があるので、トレチノインは美肌効果が高い成分と考えられているのですね。

トレチノインの濃度

トレチノインクリームの濃度は、0.025%、0.05%、0.1%があります。初めて使う人は、0.025%、0.05%あたりが良いでしょう。0.1%を使用するのは、一度とレチノインクリームを使用したことがある人がほとんどで、0.1%は効果が強すぎたと言う人も少なくないようです。

ハイドロキノンとトレチノインの正しい使い方

ハイドロキノンとトレチノインの正しい使い方のイメージ

ハイドロキノンは、メラニン色素の抑制とメラノサイトを減少させる作用があって美白効果が期待できる物質です。一方トレチノインは、肌のターンオーバーの促進やニキビ・シミ・しわ・毛穴の改善効果が期待できて高い美肌効果のある物質です。この違った働きのある2つを一緒に使うことで、肌のターンオーバーを促進しながら美白の実感が得られます。正しく使いましょう。

まずは、ハイドロキノンのパッチテストを行います

パッチテストのやり方は、皮膚の薄い箇所、手首の裏や腕あたりにハイドロキノンを少量塗ります。その上に絆創膏をして24時間程度様子を見ます。絆創膏を剥がして、赤み、ひりつきなど感じたら、肌に合わないということなので使用をやめましょう。トレチノインと併用する場合は、トレチノインが皮膚が剥けるという好転反応が起こります。その場合、トレチノインの作用か、ハイドロキノンが肌に合わないのかわからなくなるため、最初にハイドロキノンのパッチテストを行っておきましょう

トレチノインとハイドロキノンの使い方

朝と夕方(寝る前でもOK)に、以下のステップを繰り返してください。(1日2セット)

1セット
  • ステップ1

    使用する箇所を洗浄して、清潔になった肌にノンアルコールの化粧水や乳液を塗ります。

  • ステップ2

    そして、それが乾いたらトレチノインを治療したいシミの部分にはみ出さないようポイント的に塗って乾かします。範囲が狭い場合は綿棒を使って塗ってください。

  • ステップ3

    その後、トレチノインを塗った範囲よりも少し広くハイドロキノンを少し厚めに塗っていきます。こちらも範囲が狭い場合は綿棒を使って塗ってください。

  • ステップ4(朝のみ)

    ハイドロキノンとトレチノインは紫外線に弱いので、肌へのダメージを軽減する意味からも最後に日焼け止めを塗ります。

これを、2〜4週間程度続けてください。最初、トレチノインの作用により、2~3日目から皮がむけ、皮膚が赤くなります。痛みを感じることもありますが、トレチノインの好転反応です。ですが、痛みがひどくなったり、赤みが増してくることがあれば、トレチノインの使用は夜の1回のみにしましょう。それでも痛みや、赤みが引かない時は、使用を中止してください。

ハイドロキノンのみ使用する場合は、ステップ2を飛ばしてください。ハイドロキノンの効果を発揮するためにも、ステップ1で、ビタミンC(誘導体)配合の美容液を使用すると良いでしょう。

スケジュール

トレチノインとハイドロキノンのスケジュール

1日2セットを2〜4週間終わったら、ステップ2のトレチノインを飛ばし、ハイドロキノンのみにして2〜4週間程度行ってください。それが終わってから、4〜8週間程度期間を空けてください。続ける人は、必ず最後の期間を空けて始めるようにしてください。

トレチノインとハイドロキノンの保管方法

ハイドロキノンとトレチノインは、酸化しやすいため、開封後は冷蔵庫に保管して1ヶ月で使いましょう。勿体無いからといって塗りすぎたりしないようにしてください。期限がきたら処分しましょう。未開封であれば1年程度もつので、購入後に使用期限を確認しておいてください。

☆おすすめ☆BIHAKUENハイドロキノンクリーム&トレチノインクリーム

ハイドロキノンとトレチノインの注意点

この2つの成分は効果が高いと共に刺激が強いので、肌トラブルを招かないためにも併用して利用する際の注意点を事前に理解しておく必要があります。

ハイドロキノンは、用法・用量を誤ると、アレルギーや炎症反応を起こすこともあります。また紫外線に対する防御が低下してしまうこともあるので、日焼け止めを塗るなどの対策と共に、できる限り日光に当てないように注意しましょう。顔に使う人はしっかり対策をしておくことが大事です。

トレチノインを使用すると肌に赤みが発生して、塗布開始の翌日~数日後に日焼けした後と同じように、皮がボロボロと剥けはじめます。また、個人差や使用する部位・濃度などによって違いはあるのですが、先の症状と同時に痒み・乾燥・ヒリヒリ感が発生するケースもあります。好転反応ですが、あまりにも酷いようなら使用を中止した方が良いでしょう。また、妊娠中・授乳中・妊娠予定の人は使用できませんので注意してください。

ハイドロキノンとトレチノインの副作用

この2つを併用することで高い効果が期待できるのですが、使用方法を間違えてしまうとシミが増えてしまう可能性も考えられます。それは、ターンオーバーを促進することや古い角質を剥がす働きによって、肌がデリケートになってしまい炎症を引き起こしやすくなるためメラニンが増えることもあるのです。それから炎症によって赤みが出やすくなったり、ターンオーバーで剥がれた角質で化粧のノリが悪くなったり、カサカサな肌になることもあります。

また、紫外線対策をしないで使用するとシミを濃くしてしまう作用があって、逆効果になってしまう可能性も副作用として考えられます。色素沈着の悪化を起こしてしまわないためにも、SPF20以上の日焼け止めクリームなどを塗って万全な対策を心がけましょう。シミが薄くなった時点で使用を中止して、長期間の使用は避けるようにしましょう。

ハイドロキノンは乳首にも使える?

ハイドロキノンは乳首にも使える?のイメージ

ハイドロキノンを乳首に使う人も多いようです。元々メラニン色素が黄色人種である日本人は、遺伝的に見ても乳首が黒ずんでしまうことがあります。

ハイドロキノンは、同じ肌である乳首に対しても、メラノサイトの減少や既存のメラニンを除去する効果があることは間違いありません。乳首などデリケートな部分に使用すると肌荒れを起こす可能性があるので、最初は濃度が低いハイドロキノンを使用すると良いかもしれません。使い方は、通常と変わりません。

ハイドロキノンの疑問

顔を白くしたいので全体に使用してもいい?

基本的にはピンポイントなシミに効果を発揮するので、顔全体に塗るのはやめましょう。目元などの皮膚が薄い部分に使用するのは危険です。濃度が低いもので、全体に使用しても良いものであれば構いませんが、基本的にはNGです。全体的なくすみが気になる場合は、ハイドロキノンソープなどの顔全体に使用できるものにしましょう。

1ヶ月で使い切れなかったけど、冷蔵庫に保管しておけば大丈夫?

期限以上使用すると効果が発揮しないことがあります。せっかく肌を綺麗にしたいのに肌トラブルが起こってしまっては元も子もありません。期間が過ぎたら処分するようにしましょう。

ハイドロキノンは誰でも使用できる?

妊娠中、または授乳中の方、成分に対してアレルギーのある方、お子様には使えません。また、お肌に傷、腫れもの、しっしん、かぶれなどがある場合には使用しないようにしてください。

おすすめBIHAKUENハイドロキノンクリーム&トレチノインクリーム通販の口コミ

口コミをチェック!

  • 小さめのチューブで、酸化する前に使い切ってしまえるサイズなのがとても良いです。トレチノインと併用して仕様しましたが、肌がワントーン明るくなりました。やっぱりハイドロキノンの美白力は良いですね。使い続けたいです。
  • トレチノインとセットで、ニキビ跡の色素沈着を消すために購入しました。できてしまったニキビも跡を残さずに消せるためオススメです。
  • 明らかに、しみが薄くなりました!!いろんなところから、美白商品が出ていますが、こちらは結果が出るのが早い気がします。鏡で薄くなっていくのを見ると嬉しくなります。
  • トレチノイン0.05% と併用しています。最初にハイドロキノンが到着したので2日間はハイドロキノン単体で使用したのですが、たしかに若干ピリピリします。私の場合は頬のシミと乳首に使っています。 シミは2週間で若干薄くなったかな~とあまり実感はありませんが、20年あるシミなので地道に使い続けるつもりです。乳首は劇的です。ハイドロキノン単体使用2日目で乳頭近くがピンクになって、今はトレチノインとの併用で全体的にピンクです。塗っている時は当然ピリピリします。デリケートな部分なのでがっちりサポートが強いブラにして乳首が擦れないようにしています。1週間ほどで皮膚が薄く剥けますし、痒いです。もちろん掻かないようにしています。お風呂でも優しく洗うようにしています。
  • リピートです。ハイドロキノンだけではやはり効果はあまり感じられなかったです。トレチノインとの併用をお勧めします。

[BIHAKUEN]ハイドロキノン + トレチノインはこちらから

おすすめのハイドロキノン一覧

商品 BIHAKUEN ハイドロキノンクリーム&トレチノインクリーム 透肌美活 ハイドロキノンクリーム&美容液 ユークロマ ハイドロキノンクリーム
濃度 4% 4% 4%
金額目安 2,530円〜 2,160円〜 1,241円〜

濃度低めのハイドロキノン一覧

商品 BIHAKUEN ボディローション BIHAKUEN ハイドロキノンソープ
特徴 ハイドロキノン1%なので敏感肌の人にはおすすめ。 顔全体に利用可能できます。くすみ肌が気になる人におすすめ。